パーキンソン病について

パーキンソン病とは、脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、その神経が働くときに使うドーパミンという物質が減ることによって起こる病気です。

 

ドーパミンは、脳において、運動の仕組みを調節するような働きを担っているため、ドーパミンが減ることにより、動きが遅くなったり、体の緊張が高くなったりします。

 

一部のパーキンソン病は遺伝子が原因で発症することがわかっていますが、多くは原因不明で、遺伝することはありません。

パーキンソン病とは、どのような症状?

まず、パーキンソン病は主に50~65歳に発症することが多いです。

症状は主に、手足がふるえる(振戦)、動きが遅くなる、筋肉が硬くなる、体のバランスが悪くなる、といった症状がみられます。

 

これらによって、顔の表情の乏しさ、小声、小書字、屈曲姿勢、小股・突進歩行など、いわゆるパーキンソン症状といわれる運動症状が出てきます。

 

パーキンソン病の治療について

 パーキンソン病の症状の中でも、歩きにくさが最も日常生活に支障をきたし、鍼灸治療を希望される方も多いです。

この場合、太ももやふくらはぎのこわばり感や、首のこりを自覚している患者さんが多いです。

 

鍼灸治療をすると多くの場合、筋肉のこわばり感やこり感の軽く、歩幅が広く、歩くスピードが速くなって、歩行の力強さが増します。

 

パーキンソン病では、姿勢が前屈みになることや、左右どちらか一方に傾くことがよくあります。これらの姿勢の変化は、筋肉が緊張して、筋肉の血のめぐりが悪くなって、痛みを引き起こします。

 

パーキンソン病は当院へご相談ください!

 鍼灸治療は筋肉や皮膚の血のめぐりをよくし、筋肉の緊張をゆるめる効果があり、パーキンソン病の姿勢異常に伴う筋肉の痛みに対して有効です。

 

また、自律神経を調整する働きもあるので、便秘や不眠、冷えといった症状にも効果が期待されます。

 

このようにさまざまなパーキンソン病の症状を緩和し運動機能を向上させて、病気の進行抑制をしていきます。

まずはお気軽にお問い合わせください

まず、今すぐ上記に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとうめもと鍼灸整骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。


 

あとはスタッフがあなたのご希望のコースや症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんのでお伝えください。


 

これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

button line友達登録募集中