うめもと鍼灸整骨院
うめもと鍼灸整骨院

しびれについて

しびれについて

しびれの原因は中枢神経系の異常と末梢神経障害によるものとに分けられていますが、多くは椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、絞扼神経障害をはじめ、糖尿病などの代謝異常、免疫力の低下によるウイルス感染などを含めた末梢神経障害によるものです。 問題……

詳細はこちら

顔面神経麻痺について

顔面神経麻痺について

ある日突然顔の半分、あるいは一部分が思うように動かせなくなる状態のことをいいます。 顔にはいろいろな神経がありますが、中でも顔面神経は、顔面の筋肉を動かす大事な神経です。   この神経は脳を出てから側頭骨の中を走行し、骨……

詳細はこちら

パーキンソン病について

パーキンソン病について

パーキンソン病とは、脳の幹にあたる黒質という部分の神経細胞が次第に減少し、その神経が働くときに使うドーパミンという物質が減ることによって起こる病気です。   ドーパミンは、脳において、運動の仕組みを調節するような働きを担っ……

詳細はこちら

坐骨神経痛について

坐骨神経痛について

坐骨神経とは腰の骨から脚にかけて走る神経でお尻の筋肉の間から表面に現れ、太ももの後ろを通りふくらはぎの外側に至る神経で人体の中で最も大きな神経です。     坐骨神経痛とはこの神経に沿った痛みが特徴的な症状です……

詳細はこちら

突き指の原因

突き指の原因

指先から縦の方向に力が加わり痛みがでてしまうことを言います。     主に人の身体、物が当たって生じる球技やコンタクトスポーツなどで起こる指の怪我の総称です。   スポーツだけじゃない!?突き指の原因……

詳細はこちら

テニス肘について

テニス肘について

テニス肘は別名を外側上顆炎と言います。肘の外側には外側上顆という硬い骨の部分があり、指を伸ばしたり手首を上に曲げる時に使う筋肉が付着しています。     テニス肘はテニスのスイングの時にうまく体を使えず、手だけ……

詳細はこちら

腰椎分離症

腰椎分離症

  腰椎分離症とは、腰の骨の一部が骨折し、分離してしまうことで起こる症状をいいます。   腰の骨が分離することによって不安定な状態になった腰を、周りの筋肉や靭帯がカバーしようとすることで、それらに大きな負荷……

詳細はこちら

野球肘(内側上顆炎)

野球肘(内側上顆炎)

  野球肘(内側上顆炎)とは、小学生、中学生、高校生など投球フォームが定まっていないときに繰り返し投げ続けた結果、 肘の内側の筋肉や骨に負荷がかかり炎症が起きて痛みが生じるものです。   投球するとき、……

詳細はこちら

シンスプリントについて

シンスプリントについて

  走る事が多いスポーツを行なっている人に多く、運動時や運動後にすねの内側に慢性的な鈍い痛みが起こるものをシンスプリントと呼ばれています。   痛みを我慢して走っていると走れなくなってしまい、最終的には……

詳細はこちら

シーバー病について

シーバー病について

  踵の尖った部分に衝撃や圧力がかかることにより骨の表面の膜に炎症が起こり、骨に小さな骨折が発症するスポーツ障害です。   子供の骨の骨端線(骨のつなぎ目部分にある小さな軟骨)は、成長期の段階では凄く柔……

詳細はこちら

1 2