テニス肘について

テニス肘は別名を外側上顆炎と言います。肘の外側には外側上顆という硬い骨の部分があり、指を伸ばしたり手首を上に曲げる時に使う筋肉が付着しています。

 

 

テニス肘はテニスのスイングの時にうまく体を使えず、手だけで打ってしまうと肘に繰り返しの負担がかかることで発症します。重度の場合は筋肉の付着部になる腱や骨に症状が出てしまい、ここまで状態が悪くなると治るのに長期間かかってしまいます。

 

テニスだけじゃない!?テニス肘に多い人とは

このテニス肘は、実際にテニスをしているスポーツ選手だけでなく、パソコンなどのタイピング、細かい作業が多い方など指や手首をよく動かす方に多くみられる症状で、筋力の弱い40~50代の女性が家事による手の使い過ぎで発症することも多いのが特徴です。

 

また肩甲骨の動きが悪くなるとテニス肘になりやすくなります。

肩甲骨というのは背骨との関節を持たず、筋肉(インナーマッスル)で関節位置を保っている骨です。肩甲骨が動くことで肩が動き大きく力強い運動ができます。

 

 

しかし、背中の筋肉が硬くなると肩甲骨が動きにくくなり肩から先を使う動きをする時に上腕や前腕の小さな筋肉を使わなくてはいけなくなります。

 

すると、疲労が溜まりやすく肘周りの筋肉が柔軟性を失い、テニス肘の原因になります。

 

効果を実感する方続出!うめもと鍼灸整骨院の治療法

アイシング、電気治療、超音波治療、スパイラルテーピングなどで炎症を抑えて痛みを抑えます。

 

インナーマッスルマッサージで前腕の硬くなった筋肉や肩甲骨周りの筋肉を柔らかくして肘にかかる負担を軽くします。

まずはお気軽にお問い合わせください

まず、今すぐ上記に表示されている番号へ、お電話ください。
そうするとうめもと鍼灸整骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。


 

あとはスタッフがあなたのご希望のコースや症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんのでお伝えください。


 

これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。

button line友達登録募集中