腰椎分離症

 

腰椎分離症とは、腰の骨の一部が骨折し、分離してしまうことで起こる症状をいいます。

 

腰の骨が分離することによって不安定な状態になった腰を、周りの筋肉や靭帯がカバーしようとすることで、それらに大きな負荷がかかり痛みが生じるようになるのです。

 

前腕の内側の筋肉とは、肘の内側から掌まで付いていて、この筋肉を酷使する事によって、筋肉が付いている肘の内側の骨付近に炎症が生じ痛みを感じるのです。

 

スポーツに名前が変わります。(テニス肘・ゴルフ肘など)

 

腰椎分離症の原因は??

腰椎分離症を発症するのは主に骨が柔らかい10代といった若い世代で、部活などでスポーツに打ち込み激しい運動をするなかで、腰の筋肉や骨に疲労が溜まり、そしてある時に限界を迎え分離(骨折)してしまいます。

 

 

腰椎分離症がスポーツ障害として診断されるケースが多いのはスポーツでの疲労が原因で発症する場合が多いからです。

 

どのような力が腰にかかると発症しやすいかというと伸展ストレスと回旋ストレスの2つがあります。

 

伸展ストレスは腰を反らすような動作によって腰の骨にかけられるストレスです。

腰椎分離症のメカニズム

腰を曲げたり、逆に反らしたりを繰り返すことで、骨の椎弓部分(人間の背骨は缶詰が上下に並んだようなものです。

 

 

缶の後ろにはU字状の骨がついていてその部分が椎弓)に対し負荷が溜まっていきます。

 

症状は腰の痛み、お尻の痛み、太もも外側の鈍い痛みが起こります。

 

長時間の運動だけでなく長時間立っていたり、長時間座っていたり、中腰の姿勢でも起こりやすくなります。

 

大好評!うめもと式治療法

超音波やストレッチ、インナーマッスルマッサージ、鍼灸治療により、痛みの原因に働きかけ土台となる骨盤や柱となる背骨を調整します。

 

 

調整することによって、体の骨格全体を整え、姿勢バランスを正常な状態にすることによって背中から腰の筋肉への負担を軽くし自然治癒力を最大限に引き出します。筋肉を柔らかくしスネにかかる負担を減らします。