シミ

しみの種類は、大きく分けて「メラニン色素の沈着」「肝斑」があります。

しみができる大きな原因は、紫外線と加齢、女性ホルモンなどの影響です

 

メラニン色素の沈着
紫外線を受けた肌は、皮膚を守るためにメラニン(色素)を分泌します。多く分泌され余ったメラニンはうまく代謝されず肌に残り、しみになります。こちらが完全に消えないしみとなります。
こうしてできてしまったしみに対しては、鍼で真皮層を刺激して肌のターンオーバーを促し、沈着している部分を肌表面へ代謝させます。レーザー治療より少し時間は要しますが自然療法で改善へ導きます。

 

肝斑
肝斑は、女性ホルモンなどの影響でシミのような症状が頬の骨の下あたりに主に左右対象に大きなものがぼや〜っと出てきます。
年齢的には30~40代の女性に発症することが多いです。
実際に美容鍼をしていると薄くなるし、消えることが多いです。

しみの予防

 

当院のシミへのアプローチ

当院のしみへのアプローチ方法としては、美容鍼でしみの周辺に鍼をして血行改善することで、できているしみを自然療法で徐々に薄くします。

 

そして全身調整し、肌質改善、体質改善することで新しいしみができにくい肌質、体質へと導きます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください

まず、今すぐ上記に表示されている番号へ、お電話ください。 そうするとうめもと鍼灸整骨院の整骨院のスタッフが電話にでますので 『ホームページを見ました。予約をしたいのですが』とおっしゃってください。あとはスタッフがあなたのご希望のコースや症状などをお尋ねしますので、 簡単で構いませんのでお伝えください。 これでご予約は終了です、電話を受話器に置き電話をお切りください。皆様のご来院をスタッフ一同心よりお待ちしております。 button line友達登録募集中