坐骨神経痛について

坐骨神経とは腰の骨から脚にかけて走る神経でお尻の筋肉の間から表面に現れ、太ももの後ろを通りふくらはぎの外側に至る神経で人体の中で最も大きな神経です。

 

 

坐骨神経痛とはこの神経に沿った痛みが特徴的な症状です。

 

日常生活内で起こる!?坐骨神経痛の原因

 

この坐骨神経痛には様々な原因があると考えられています。

日常生活での悪い姿勢などで、お尻周りの筋肉が緊張して硬くなり、神経を圧迫してしまうことや腰の骨の変形からくる神経の圧迫などが坐骨神経痛の原因です。

 

また、坐骨神経に沿った筋肉・筋膜のこわばりや縮こまってしまうのが原因と言われています。

どのような筋肉によって引き起こされるかというと、代表的なものとしては中臀筋、小臀筋といったお尻の外側の深いところにある筋肉や太ももの裏の筋肉などが主な原因となっています。

 

効果を実感する方続出!うめもと鍼灸整骨院の治療法

 

坐骨神経痛を改善するためには、まずは原因である骨盤・骨格の歪みを整えて、筋肉の緊張や神経の圧迫を改善する必要があります。

 

そして坐骨神経痛になりにくい体を作るためには、ストレッチやインナーマッスルのマッサージをして硬くなったお尻の筋肉を柔らかく維持することが重要です。

主な治療内容

・うめもと式リセット骨盤矯正治療
・鍼灸治療
・ストレッチ、マッサージ